転職をした時の自分に、伝えておきたいこと。最初はつらくて当たり前!

まずはじめに、自分が転職した時に最初とかはすごく悩んでいて、その時の自分に対してこういう風に考えたらいいよという話を書こうと思います。

というのも何かに挑戦する時って一番最初はやっぱりうまくいかないことも多いと思うんですね。 けれども後から振り返ってみたら、そういった時期って一瞬だったりするし、その時感じていたことを書き留めておこうと思います。

全体的にまとめると、  最初は思うようにいかなくても焦らないことと、自分軸で自分のできることを増やしていくことに注力することです。

①最初の3ヶ月はつらくて当たり前なので、あんまり落ち込まないで!

当たり前なんですけれども、最初にこう転職してしかも新卒じゃない場合は、あんまりサポートもなく辛いと思うことが多いと思います。 

けれどもこういった状況に、焦ってしまったり、「どうして自分ができないんだろう」とか、「どうしてこんな風に考えてしまうんだろう」っていうことはあまり考える必要がないかなって。そもそも最初3ヶ月くらいはそういう馴染むのに苦労する時期なんだと思います。

なので、とっても辛いって思うことがあるかもしれないけれども、3ヶ月間だけのものだって思うようにすると気が楽になるかもしれません。

②仕事ができるとラクになる。仕事を覚えることに集中しよう

また当たり前なんですけれども、 自分で自分の仕事を回せるようになったり仕事を覚えていくとどんどん楽になってきます。

例えば、気の合わない上司に毎回確認しなきゃいけないということもなくなるかもしれませんし、自分が好きな業務とか得意な業務の幅を増やしていくこともできるかもしれません。 自分なりに工夫したりすることもできるようになってくるだろうし、そういうふうに、 仕事ができるようになると結構何もかももっと楽になったりします。

なのでこの時に大事なのは、他の人と比べたりするんじゃなくて、「まず自分軸でどんな風になりたいのか」と「現状どういったスキルが足りていないのか」を的確に理解して、その間を埋めていく作業に集中をしていくのがいいと思います

③「自分にしかできないこと」を増やす努力をしてみよう

次にさらにひとつとして、自分しかできないこととか他の人から頼まれるようなことをたくさん増やしていくことです。

そうすることによって、その自分の価値みたいなものが上がっていくので、大切に扱われるようになったり、自分がやりたいような業務を選べるようになったりすると思います。

なので、その自分の立場にもよりますが、「こういう分野でできる人がいないので、自分ができるようになればみんなから必要とされるだろう」とか、「自分が将来こういうことやってみたいので、そのためにこの分野については出来るアピールをする」っていうことを戦略的に立てていくことが良いのかと。

そしてひとつの分野でできることがあると、他にちょっと苦手なことがあっても、頼むことができるようになります。

なので「自分が得意だなー」っていうものを磨いて、それで他の人に貢献することで、苦手なものカットできるという方法になるのでオススメです。


そんな風にして、最初の頃はこれ駄目だなとか自分がダメなのかなとか思うこともあったんですが、 ほとんどのことはちゃんとした方向性のあった努力をして行けば身に付けられるものだと思っています。

なので最初の頃は不安かもしれないけれども、 きちんとした方向性を持って向かっていれば、時間かかるかもしれないけどたどり着くところなので変に焦ったりネガティブになったりする必要はないです。

不安になるではなく、きちんと自分の現状とするべき努力とか身につけるべきスキルに焦点を当ててそこに向かう最短距離をきちんと考えることが大切だと思います。

一番言いたいのは、あせらず、落ち込まず、ゆっくりやりましょうということです。大丈夫だから!


読んでくれてありがとうございます。

おわり!

 

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!