noteとブログの使い分け方をかんがえたよ!noteはためになること、それ以外はブログで

note(ノート)というサービスをご存知ですか? 簡単に日記やブログを書けるサービスで、最近はとても多くの人が利用しています。

私も利用しているのですが、 何よりデザインがシンプルで余計なツールがついていないのでとても使いやすいです。

そのためもともとブログをしていたけどノートを始めた人、 ノート初めて見るのか風呂後初めて見るのかもやってる人向けにブログとノートの使い分け方について書こうと思います。

以前、ブログの特徴とのとの特徴比べた時には、ブログは既に言いたいことが決まっていたり理論的に物事を書くことに向いていて、ノートはエッセイだったりちょっとそんなになんだろう意味が分かりやすいようなことではなくてふわっとしたことを書くのに向いているのではないかという話をしました。

今回はこれらを見に来る人の違いについて注目した上で、どんなふうにブログとノートを使い分けたらいいのかということを書きました。

①「ノートを読みに来る人」と「ブログを読みに来る人」の違いを考えよう。

まずはブログを読みに来る人とノートを読みに来る人の違いについて考えてみたいと思います。

ブログnote
見に来る人は基本的に90%以上検索から行ってきます。すなわちブログ全体のトピックに興味があるというよりかはその特定の記事について疑問に思ったことを検索した方が来てくださいます。noteの中の人たちよくお互いにnoteを読む。たまに検索やSNSから読まれる方がいらっしゃるという感じです。そしてnoteの場合はフォローするっていう機能
があります。
ブログとnoteの、読みに来る人の違い

なので特徴として言うと、ブログよりもノートの方がその人の書いた記事を聞きたいからということで来てくださるリピートのお客さんが多いということです。

②noteを読みに来る人にあわせた内容をnoteに用意する

そう考えると、noteの方では自分のことをフォローしてくれる方だったりリピートで呼んでくれる方のために、ある一定の基準を持った記事とかある一定のテーマに沿った記事とかを書くのが良いのではないかと思っています。

皆さんも誰かをフォローする時って、その人がある程度こういうことを書くだろうとか、その人らしさがすごく出ていたり立ったりとか、趣味について書いていて、その趣味について聞きたいとかっていうのがあると思います。

なのでnoteの方では、一定のテーマにしているものにフォーカスして書くべきです。

③ブログには、いろんなひとが来るので、何も関係なく好きな記事を書いてしまえばよい。

逆にブログの方は、好きな記事をなんでも書いてしまえば良いと思います。

なぜならブログの方は、検索の方から来てくださるので、それぞれの記事とかがあまり繋がっていないのではないからです。

なので一過性な感じで見てほしいということであれば、雑記なこととか全然関係ないようなことを一つのブログの中に入れてしまっても大丈夫なのではないでしょうか。

その代わりに一つ一つの記事について検索でヒットされるようなキーワードの使い方をしたり 、リンクの使い方をすることでブログの方は幅広い層をちょっと薄く取るような感じになるのかと思います。


以上ブログとノートの使い方の分け方についてでした。

以前にも違った視点からブログとノートについて比較しているのでよければそちらもご覧ください。

また私のnoteはこちらです!

読んでくれてありがとうございます。

おわり!

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!