キャリアについて悩んだら、できるだけ哲学の古典と学術的な本を読もう!

社会人になってしばらくすると、キャリアについて悩んだりする事ってありますよね。

別に大きな不満があるわけではないけれど、すごく力を入れられることがないだとか興味を持てることが少ないだとか。あるいは何かしたいことがあるけれど、それがお金にならないからどうやって踏み出していいのかわからない。

学生の間と違って、キャリアというのは無数に選択肢があるのでその中から自分で選んでデザインしていかないといけません。そしてその結果を背負うのは自分だしだからこそキャリアという選択がすごく難しいものに感じるんじゃないかと思います。

これを書いている人もキャリアについてはすごく悩んで色々勉強してきたりしました。

そしてその中で気づいたことについて今日は話したいと思います。


それはキャリアについて悩んでいたら、そもそもな人生観だったに何を成し遂げたいのかみたいなところから考えた方がいいいいことです。

だからこそよくインターネット上であったり、最近のビジネス書であるような安易な選択肢に鵜呑みするのではなくて、自分でよくよく向き合う時間を作った方が良いのじゃないでしょうか。

そこでとっても役に立つのが古典の哲学とあとは学術的な文章だったり大学の授業が行われていることなどを散歩するのが良いのではないでしょうか。

あまり、「これはこうだ」というのを決め付けた言論には惑わされないようにしよう。

最近ビジネス書だったりインターネットの中には、 これからはこうなるからこういうことをした方がいいみたいに、スタンスをとって強い口調で話す事ってありますよね。

後は世の中がすごく変わっていくから、自分たちも変わらないと駄目だとか。

もちろんそれはすごく一理あって、そういう傾向もあるとは思うんですが、一方で変わらないことやゆっくりと変わっていくことも多いように思います。

特に同じ日本の中でも、東京のスタートアップとかの周りと、地方の会社とかと比べるとすごくギャップがあるように思います。そして自分がどこに属していたいのかなどを考えることは大切です。

そういった言論の中には、確かにそうかもしれないけれども、社会が追いつくにはすごく時間がかかるようなこともあるので、注意しなくてはなりません。

なのでキャリアを考える上では、「これはこうだ」と決めつける本だったり話については、丸呑みしないようにして、自分の中で使えるところとか参考になるところだけ咀嚼して使うことが、大切かなと思っています。

キャリアを考える上で、まずは誰かに言ってることを丸呑みしないということ

キャリアについてなやんだときは、できるだけ長く時間をとって、本格的に再考することが必要であったりする。

①そのために参考になるのは、哲学。生き方を教えてくれる

参考になるなと思うのも一つ目は哲学ですね。キャリアを考える上で哲学をするって、ちょっと遠回りのように聞こえてしまうかもしれませんが、結構近道のこともあると思います。

なぜなら哲学っていうのは、基本的にたとえば自分の人生はどんな人生にしたいのかとかどういう人生観を持って生きていきたいのかということが明らかになったりします。

そうやって仕事っていう人生の一部みたいなものを先に考えるのではなく、 自分の人生観を明らかにした上でそれに合った仕事はどういうものなのかとか考える方が自分に合った仕事の仕方内容を選べるのではないでしょうか。

例えば人生の中で挑戦をし続けて何かを残したいという人であれば、 キャリアの中でも 挑戦をたくさん繰り返しやすいような場所に家業種を探してみると良いかもしれません。

一方で一つの物事に集中してコツコツやりたいという方向性がある人であれば、手に職をつけたり専門家となるような職種を最初に選んでおくのが良いと思います。

そんな風にして最初にこういった方向性に行こうっていうことを分かった上で方向転換すると、方向転換したけどまた変えたいということが少なくなるのじゃないでしょうか。

②海外の有名な授業や教授の本を読もう

次に参考になるなと思うのが、大学の先生とかが書いてくれている本とかです。特にと言ったことが幸せにつながるのかといった心理学的な本とかもう一つスタンフォードの大学の先生が書いてくれている人生のキャリアデザインの本なんかはとても参考になると思います。

自分の仕事に不満がある時ってそれを変えたいっていう思いが先行してしまうのかもしれないですけれども、 それだけではなくて、理想の正体とはどんなものなのかを考えてみて、それに近づけるような選択肢をとっていく方が選択の精度が上がるのではないかと思っています。

ちなみに選択の精度を上げるということで言うと、 日々の記録をして記録して、自分にとっての強みとか弱みを的確に理解したり、選択でよくやりがちな失敗だったりすることをメモすることも大事だと考えています。

では呼んでくれてありがとうございました。

おわり! 

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!