格好よくて素敵な図書館の要素10 個

わたしはとても図書館がすきだ。とにかく、本に囲まれていることで、幸せを感じる。

背表紙が並んでいる感じとか、本ならではの匂いとか、雰囲気とか、本をパラパラをめくる音だとか、そうゆうもの全てがすき。なので、新しい街にいったら、かならず、図書館をさがしにゆく。

ほぼ、図書館を使うために大学生をしているみたいなものといってもいいくらい図書館がすきなので、「どんな図書館だとさらに良いのか」をまとめてみることにしました。

①勉強したり本を読む机・椅子があること
②いろんなジャンルの本が揃っていること
③ Wifiが入っていて、それが速いこと
④できれば、本読むようのスペース(ソファ)とかがあること
⑤トイレがきれいなこと
⑥休憩場所のカフェがあること
⑦荷物を置いたまま席を離れられるくらい安全なこと
⑧ただ本が並べてられているだけでなく、建物自体も格好いいこと
⑨勉強や本を読みにきているわけではない人が、いないこと・少ないこと
⑩外がみえたり、自然的な部分も持ち合わせていること。

①勉強したり本を読む机・椅子があること|素敵な図書館の構成要素

大事なのはやっぱり、”勉強できるスペースがあり、それがいい感じのこと”。図書館によっては、混んでいて席がとれなかったり、暗くて勉強しずらかったり、椅子が低すぎる・机が高すぎるなどの問題に合う場合がある。充電できるコンセントが机についていて、机の幅の広い図書館が、やっぱりいいよね。

②いろんなジャンルが揃っていること。|素敵な図書館の構成要素

あとは、”読みたい本がそろっている”こと。図書館にもとめる本というのは、個人的には「高い専門書で、自分では買えないけれど読みたい本」なので、そうゆうのがそろっていると、とてもうれしい。やっぱり図書館だから、本のセレクトが素敵だと、うれしくなります。

③ Wifiが入っていて、それが速いこと|素敵な図書館の構成要素

もちろん、勉強したり、作業したりする上で、Wifiはとても大事。ないと困るし、快適にサクサクうごくものが必要です。

④できれば、本読むようのスペース(ソファ)とかがあること|素敵な図書館の構成要素

勉強するスペース”と”読書するスペース”が別々にあると、最高だなって思います。勉強するときは、机にむかって、カリカリ勉強するけれど、とくに急ぎでない本や勉強をしている場合、のんびりソファに座って、寝転びながら読書をしたいときだってある。

⑤トイレがきれいなこと|素敵な図書館の構成要素

とくに図書館に1日中とか滞在するときは、とっても大事。

⑥休憩場所のカフェがあること|素敵な図書館の構成要素

上と一緒で、図書館にこもるときは、その場でご飯や休憩もしたいもの。あんまり時間をかけずにサクッと休憩できるといいな。

⑦荷物を置いたまま席を離れられるくらい安全なこと|素敵な図書館の構成要素

勉強しに来ていると荷物も多いので、ちょっと休憩とかのときに、荷物をそのまま放置してどこかに行ける環境だととても良い。安全なところだと、快適に勉強できます。

⑧ただ本が並べてられているだけでなく、建物自体も格好いいこと|素敵な図書館の構成要素

建物自体が格好いいものだったり、本棚もアルミサッシじゃなくて、木だったりする、図書館が好き。なので、容量はたくさんはいるのだけれど、可動式のうごく本棚(よく地下とかにありますよね?)だと、すこし気分がさがります。

⑨勉強や本を読みにきているわけではない人がいないこと|素敵な図書館の構成要素

あとは、”勉強”や”本を読みに来た”という理由じゃないひとがいない・もしくは少ないとうれしいかもしれないです。たとえば、自分が本を読んでいるのに、大声でおしゃべりしゃれたり、ものをたべている音が聞こえると、すこしだけ気分がさがることも。図書館の雰囲気が好きなひとが集まるところだとうれしいな。

⑩外がみえたり、自然的な部分も持ち合わせていること。|素敵な図書館の構成要素

どんなに設備がしっかりした図書館でも、ずっと室内というのは、気がつかれます。だからこそ、自然光を取り入れていたり、緑がみえたりと、自然によりそった図書館は魅力的です。

わたしが、「この図書館素敵!」とおもう図書館の要素は、こんな感じです。いままで、いろんな図書館にいってきましたが、思い出に残っている図書館はどれも、これらを満たすものが多かったように思います。

これからも、いろんな図書館に訪れられるといいなー。


あわせてよみたい

このブログを書いている人の読書遍歴まとめ

質の高い読書をするには?「読書について」

イギリス文学で有名な方たちと文学とか


 

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。