自分にしかできないことをつくって、それを集積するということ。そんなふうになるための過程。

さいきん、”なにかを成し遂げたい”と思うことがおおいし、なんとく、世間的にも何かをしなくては、みたいな空気感がすこしだけあるように思う。若いうちに、なにものかに、ならなきゃいけないような、そんな気がしてしまう。

だけれど、その手段とか、有名になることだろか、たとえばSNSのフォロワーを増やすだとか、起業するとか、そうゆうことばかりに目がいってしまって、「じゃあ、それを通してなにがしたいの?」が、わからなくなってしまったりする。

わたしも、起業もしたいし、あたらしいことに挑戦したい。でも、それをして何になるの?ってふとした瞬間に、なんだか違う方向にいってる気がしてきちゃう。SNSのフォロワーを増やしたいなーとも思うけれど、そもそもなんのために増やしたいと思ってんだっけ?って。

それよりも、なんだか自分だけ好きなことがあって、それをとことん突き詰めて行くほうが、ものごととして自然だし、そんなふうになりたと思う。そんなことを考えたので、「自分にしかできないことをつくって、それを徹底的に続けるということ」という大切さを感じています。

1なんでも行動することの強み|行動力は、才能をこえる?

行動量は大事、ということをよくわ言われているけれども、「ほんとうにそうだな」と思ったのは、都築響一さんの「圏外編集者」を読んだから。

彼の多くの作品は、ひとびとの日常生活を集めたものだったり、ごくごくその辺に広がっているものを題材としているものが多い。それでも、彼がそれらを取材対象として取材するまでは、だれもやらなかった。だれもやらなかったから、やったことがオリジナリティの溢れるものになるし、魅力的なんだと思う。

Rey
そして、そうゆう行動をするためには、専門家であるとか、有識者であるとか、そうゆうことは関係ないんだ。やったか、やらないか、その違いだけ。シンプルですよね。

2たくさんの量をこなす、人にできないくらいこなすこと|集積の大切さ

そして、さらに驚いたのが、その圧倒的な量。よく「質か量か」という問題があったりするけれども、圧倒的な量をこなしてはじめて、なにかが自分のものになったり、技術が身についたり、次の方向性が見えてきたりすることって、ありますよね。

そんなふうにして、量を集めることによって、どんどん蓄積されていくとゆうか、質をあげることのげきるちからがついていくように思うのです。だから、最初のうちはしのごの言わず、「とにかく行動にうつす」「結果をだす」に注力するのは、大事かなーと。

3どんなことができるだろう?わたしができること!|わかったら実行する

そんなわけで、自分にでも、できる、自分がすきそうなことをコツコツ貯めていこうと思いました。そして、noteで、「ロンドン観察日記」として、ロンドン生活のまわりにあるものをたくさん観察していこうかな、とおもっています(毎日更新する予定)

いまのところは、コンサートのチケットのサイズをまとめたり、洋書のサイズをまとめたり。とか。どんどん人々の観察とかもしていきたいなー。

わたしは、「人々とか、もののサイズ感を観察すること」を選んだわけだけれども、なんとなく好きなことって、たくさんあるひとも多いだろうし、そのなんとなくをもっと徹底的にやりこんで、熱中してはじめて、なにか見えてくるものがあるのじゃないのかなー。

Rey
だからこそ、圧倒的な量を出すためにがんばりましょー!

今日の一冊


あわせてよみたい

副業とこれからイギリス留学5ヶ月目の記録洋書を買えるサイトまとめ


Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏️ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。