海外留学生活は孤独との戦いかも?辛い気持ちと克服と

 

留学期間で、いちばん印象に残っているといわれたら、「嬉しくて、楽しかったこと」よりも、「ひとりで孤独と戦い続けたこと」のほうが、ずっと大きいような気がする。

たしかに、うれしいこともたくさんあった。英語が前よりレベルアップしているという瞬間を感じたり、友達とダンスをしながら遅くまでわいわい飲んだ夜や、真剣に将来を語り合ったこと。プレゼンで褒められたり、できなかったことができるようになったこと。素敵な景色や建築をみて、それに圧倒されたり、あたらしい世界を垣間見た気分になったこともある。

こういった素敵な体験はたくさんあった。思い出せば、思わずニコニコしてしまうし、そんな経験をできたことをまわりのひとに感謝したいし、とてもラッキーだったとおもう。

一方で、留学生活のなかで、いちばん思い出すのは、ひとりで孤独と戦った軌跡のような気がする。

 

 

どんなに楽しいことがあっても、なんだかどこでだか、どうしても”自分ひとりで向かい合わなければいけないもの”が、少なくとも私にはたくさんあって、そんなものたちと、ずっと地道な戦いをしていた気分だった。

「ああ、いまはひとりで異国の地にいるんだ」と感じで、自分以外頼るひとがいないと感じる時、とてもむなしくなって、ひとりだけぽつんと、残されたような気もしたし、「わたしがいま倒れても、とくに世界に変わりはないんだよな」と思ったりもしていた。

そんなふうに思い始める、強くない自分が好きじゃなかったし、ちょっとでもよくなりたいと思っているのに、できないことがたくさんあったり、プライドが高かったのかもしれないけれど、なんだかずっと水のなかでもがいているような気分だった。

最初はうまく息さえもできない感じで、あっぷあっぷしていたし、馴れてからも、うまく身動きがとれなかったり、ふとした瞬間にまた息苦しくなったりした。

 

 

ふとした瞬間というのは、いろんなときにたまにやってきた。とってもとっても楽しかった夜のあとだったこともあるし、およばれした(ちょっとアウェイな)パーティーで馴染めなかった後のこともあるし、ただただ普通の1日に急にむなしく悲しくなってきて、眠れなくなってしまった日もあった。

ただ、ひとつ気づいているのは、こんなふうに、もがいているひとは多いと思うこと。もちろん、ひとによって違いはあるれけれども、おおくのひとは、そんなふうにして、もがきながら、孤独と向き合いながら、生活しているんじゃかいかと思う。

 

だけど、こればっかりは、自分で乗り越えなくちゃいけないものなんだろうな、というのも思った。なんとなく、ネガティブになっていく自分に気づいて、早めに対処してみたり、拠り所を増やしてみたり、どこかに書き出してみたり、本を読んでみたり、映画や舞台をみたり、ちょっと近めの旅にでてみたり、いろんなことをして、どうにかすこしだけ強くなって、その場をのりこえたりする。

そんなふうにして、ひとりで見えない孤独と戦って、なんかいも打ち勝って、それに勝てるだけのものを、外部に依存するんじゃなくて、自分の内部にもてるようになる。

もちろん、その見えない戦いは、終わることがないだろうし、なぜか気をぬいた瞬間にまたふとやったきたりする。たぶん、そんなときはまた苦労するだろうけれど、そんな過程があって、それでいいんだ。そんなふうに思う。

 

 

たまに、私は、「留学 孤独」とかで意味もなく検索したりもしていたので、もし検索から、これを読んだひとにも、孤独でいいし、そうやって悩んでいいのだ、と言いたいです。

たしかに自分がすごくすごくちっぽけで、弱くて、世界から取り残されて、消えていきそうになるかもしないし、ほかの理由の気持ちで、どうしようもなく、泣けてきてしまうことがあるかもしれない。

だけれど、ひとつに、あなたのまわりには、手を貸してくださいと素直にいえば、差し出してくれるひとがおおいかもしないということ。だから、素直に「たすけて」ってゆうのもありだと思う。

ふたつに、「思っているほど悪くないこと。」なんだか孤独だと、どうして自分だけ、とか、なんでこんなこともできないんだ、とか、思いつめてしまうことがあるけれど。元気に健康で生きているだけで、それってとってもすごいことだ。知らない土地で、いきているだけで、誇りにおもっていいと思う。すこしは、自分のことをいたわってあげてください。

 


イギリス留学のエッセイとして、思ったこと・感じたことを、

だいたい1ヶ月ごとにかいていました。

1ヶ月2ヶ月3ヶ月4ヶ月5ヶ月8ヶ月


Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏️ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!