ワルシャワ(ポーランド)旅行記 | 旧市街と美術館と

ワルシャワに3日とアウシュビッツ観光1日を含めて4日滞在してきたことをまとめました。ポーランドの首都であるワルシャワは、首都らしくさまざまな施設がある一方、世界遺産になっている旧市街があったり、いろんな側面が楽しめる街です。

個人的には、ワルシャワのは、ヨーロッパとは思えない物価の安さと、旧市街が魅力

Processed with VSCO with t1 preset

1ワルシャワ・モドリン空港 | ワルシャワ旅行記

Processed with VSCO with t1 preset

ワルシャワには空港がいくつかあって、そのうちのひとつ、モドリン空港を利用しました。ヨーロッパ中を飛んでいるラインアンエアーという格安航空会社を使っていきました。(わいアンエアーに関することは他の記事でも書いています)

モドリン空港は、ワルシャワ市内からすこし離れたところに位置しており、だいたい1時間ほどバスにゆられて市内に向かう必要があります。

モドリンバスというワルシャワ市内と空港を結ぶバスがでており、これに乗ると簡単に、ワルシャワ・センター駅あたりにおろしてくれます。事前予約もでき、予約が早ければはやほど安いと聞きました。空港でももちろん、チケットを買うことができます。(詳しい行き方はこちら

Processed with VSCO with t1 preset

モドリン空港自体はとてもちいさいものの、最近立て替えたらしくとても新しいものです。吹き抜けになっている2階にあがると、レストランやちょっとしたカフェがありますが、お店はあまり入っていない印象。

早朝に出発したときも、チェックイン前の場所では、空いているお店はありませんでした。なので、お買い物等がある場合には、市内等で済ませていくのがいいかもしれません。

2お金事情 | ワルシャワ旅行記

ポーランドでは、ユーロではなく、ポーランドの通貨ズウォティ(zloty)つかっています。物価は日本の2分の1くらい?

しかしながら、ほとんどのところでは、クレジットカードが使えるよう。イギリスで使っているタッチ式のクレジットカードを持って行きましたが、使えないところはないといっても過言ではないです。日本だと(Visa Pay Wave)というものにあたるものです。Apple Payも、ほとんどどこでも使えました。

現金が必要だなーと思った場面は、アウシュビッツ博物館でトイレに行く時の小銭くらい。多分他には、クレジットだめと言われたことろはなかったと思いますが、念のためいくつか下ろしているといいかもしれません。

3治安 | ワルシャワ観光記

Processed with VSCO with t1 preset

ワルシャワの治安に、ついてですが、あくまで体感はとても良い感じがしました。ホームレスの方とかもそんなにいなかったし、むやみに声をかけられることもありませんでした。

9時くらいまで明るい時期に旅行したことも理由にあると思います。わりと夜ちかくでも、女性ひとりで歩いているひとやトラムに乗っている人も見かけましたし、そんなに危ないわけではないと思います。

ただ、いろんな壁に落書きがあるのはたくさん見受けられたのはすこしだけ気になりました。

また、観光客が多いものの、まだまだアジア系は多くないので、とても目立つかもしれません。そのため、旅行者だとわかりやすかったし、わる目立ちする可能性もありますので、注意していただければと思います。

4電車・トラム | ワルシャワ観光記

地下鉄は乗っていなかったのですが、トラムはのってみましたが、すごく快適できもちがいい。街はそんなに多くないですが、トラムやバスをつかって、快適に回ることができます。

Rey
数日乗り放題券を買って乗ったので、料金等を気にする必要がなく、便利でした。

5旧市街 | ワルシャワ観光記

Processed with VSCO with t1 preset

ワルシャワの魅力のひとつがこの旧市街。むかし戦争でこわれてしまったものを、コツコツ再生してきたらしいです。

旧市街には、観光客に向けたカフェだったりレストランだったりお店だったりもして、おもったよりもたくさんの時間を楽しく過ごせます。

Rey

教会もあり、わたしが行った時には、毎日コンサートも行われていました。

Processed with VSCO with t1 preset

6美術館|ワルシャワ観光記

ワルシャワには、いくつも美術館があります。そのなかでわたしが行ったところだけいくつか教会すると、以下のような感じ。

6-1 ワルシャワ城

Processed with VSCO with t1 preset

旧市街のちかくにある、お城。中の見学ができ、とても豪勢な絵画や家具の数々がありました。地下にもミュージアムがあります。

2 国立ワルシャワミュージアム

Processed with VSCO with t1 preset

大きな部屋がいくつもならんでいて、伝統的な絵画から、ポーランドのデザインのちょっと近代的な家具まで、いろいろあります。

6-3 コンテンポラリーアートセンター

Processed with VSCO with t1 preset

ワルシャワのしたの方に位置する、ボタニカルガーデンあたりにありますので、ちょっと夜のにいいかも。たぶん、展示されているものによるかも。ここのレストランは空いているし、おいしいし、家具はかわいいしで、素敵でした。

6-4 ボタニカルガーデン

Processed with VSCO with t1 preset

植物園。結構広くて、規模も大きいのですが、丁寧に管理されているというよりかは、「試験中」みたいな感じで、さまざまな植物やお花がうめられています 。ちょっと虫や蜂には注意が必要かも。

6-5 ロイヤルパークギャラリー

Processed with VSCO with t1 preset

ギャラリーとレストランが入っているそうですが、いくことができませんでした。建物は、正面からみるとかっこいいですが、入り口は正面みて右奥になります。

6-6 ポーランドユダヤ歴史博物館

Processed with VSCO with t1 preset

近代風の美術館のたてものが格好良かったところ。子供達がたくさんいて、歴史を学んでいました。絵だったり写真だったり動画だったりゲームだったりと、見てすぐわかるものでこうせいされているので、楽しめるかも。


他にも、アウシュビッツにいったときの話と感想ダラム(イギリス)の観光記や、ゴール(スリランカ)の観光記なども書いています。


旅行のほそく情報

ホテル予約はトリバゴからとると、料金比較をして、いちばん安いサイトでとることができます。海外ホテル予約なら、Booking.comもわかりやすくて、おすすめ。

観光地やホテルの口コミなど、どんなところにいったらいいかは、トリップアドバイザーから。現地でオプショナルツアーに参加する場合は、VELTRA(ベルトラ)が使いやすいです◎

Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏️ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!