WEBマガジンの作り方1:素敵なウェブマガジンを参考に構成要素を洗い出してみた

前回の記事で、世界の文化を発信するウェブマガジンを作りたいということをかきました。

その第二弾です。あんまり進んでいないんだけど、「名前・コンセプト・ロゴ」をきめした。そして、「構成要素」も、既存の素敵なウェブマガジンを参考にして、きめました。

Rey

実際に自分でウェブマガジンを作っていく過程をのんびりでいいので、シェアしていけたらなーと思っています。

1ウェブマガジンの名前とコンセプトをきめました!

名前:Pokakoto

テーマ:世界中の人が、ポカポカするものをシェアするマガジン

1-1 名前の由来

名前を決めるうえで、一番大事にしたのは、以下の通りです。

  • 「◯◯.com」のドメインがとれること
  • 一般名詞ではないこと
  • みじかいこと

1つめの理由としては、「.com」だと、本物っぽいから。たとえば、このブログは「.tokyo」ですが、なんだか「個人がやっているブログ」感がとってもでますよね。「きっとドメイン安かったんだろうな」みたいな。安かったんですが。別に気にし無い方も多いとは思いますが、本格的にやろうと思うなら、「.com」や「.jp」などでドメインがとれるものがいいですね。

2つめの理由は、「検索がかけられるようにするため。」たとえば、「反応を知るためにツイッターでしらべたい」などといったときに、一般名詞だと、そのことについてもヒットしてしまって、調べることができません。たとえば、「すきやき」という名前だったら、自分が作った雑誌ではなく、ただたんに「すきやき」の情報がほとんどになってしまうでしょう。

3つめに、短いこと。「長いと、覚えられなくてめんどくさいから」という理由です。でも、大事かもしれないです。あと、URLをて入力するときに、名前が長いと、めんどくさそうだから。

4つめに、名前の理由。ぽかぽかした気分になれることを集めたマガジン」で「ぽかこと Pokakoto」です。要は、「好きなモノを集めるマガジン」なんです。だけど、「Sukikoto」などは、1番の条件を満たさなかったので、「Pokakoto」になりました。

5つめは、補足です。ですが、なんとなく名前に日本らしさをだしたかったので、母音が4つ入っているようにしました。海外だと、母音がたくさん入っている単語って日本語っぽくきこえるみたい。たとえば、料理屋さんのBenihanaとかWasabiとかそんなかんじ。(たぶん)

1-2 テーマの由来

どうして、このテーマを書こうと思ったのかについては、前回の記事で書いているのです。基本的には、「遠い土地で全然違った生活をしている人も同じ人間だし、好きなモノがあって、普通に暮らしているよ」というお話を書ければなと思っていたからです。

「国際関係」や「世界史」といった堅苦しいことではなく、どこか遠くに住んでいる方の好きなモノをとおして、「それいいね、素敵だね」というあったかい気持ちで、文化交流のこうなものをできればと思っています。

1-3ロゴの由来

テーマから、「世界」と「ぽかぽか=ハート」というところからきています。そして、参加型のメディア運営にしたいので、「The Participatory Magazine (参加型のマガジン)」編集するひとじゃなくて、文章を書いてくれる、ふつうの方が主役になるようなマガジンにしたいなーと。

Rey

以上、名前やコンセプトやロゴを決めて動き出したのだけれど、まだまだ不安がおおいです!きっと、あとから見返すと、初期とは全然違った方向性で進んだりするのが、想像できます。(それはぞれでいいんだけど)


2素敵な既存ウェブマガジンを参考に、構成要素を洗い出して、決定しました。

「ブログとウェブマガジンの違いってなんだろう?」

って思いませんか?わたしもすでにブログをもっているので、「どうしたら、ブログではなくて、ウェブマガジンにできるんだろう?」と気にかけていました。どうしても、「誰か素人個人が運営しているブログではなく、プロが作るウェブマガジン」をつくってみたかったから。

つまり、ウェブマガジンをブログの違うは、以下の通り。

「ウェブマガジンは、ブログと違って、素人くさく無いこと」

じゃあ、何が素人くさくないのか。「素敵だなー」と思うウェブマガジンの「素敵である理由」と「構成要素」を洗い出して、自分のつくりたいマガジンに当てはめてみることにします。

2-1素敵なウェブマガジンと、その構成要素の表

名前 箱庭 haconiwa くらしのきほん 灯台もと暮らし Matha Pokakoto(私の案)
キーワード 女子クリエイターのためのライフスタイルマガジン 時代が過ぎても、決して古びない、

ほんとうに知りたい、価値のある基本を発信する、

衣食住、暮らしに必要な基本のアーカイブ。

それが「くらしのきほん」です。

あなたの暮らしはもっと楽しくなるのです。

これからの暮らしを考えるウェブメディア Japan Travel Magazine 世界中の人の好きなものをシェアするマガジン

The participatory magazine

トップメニュー
  • MAGAZINE
  • STUDY
  • WORKS
  • RENSAI
  • CUTATOE
  • ABOUT
  • CONTACT
  • STORE
※ちいさく上にあるだけ

  • くらしのきほん
  • わたしのきほん
  • くらしのきほんとは?
  • ログインする
※なし(あるのはハンバーガーだけ)クリックすると、右側に出てくる、濃紺

  • 検索バー
  • カテゴリー(いつもと暮らし、営みを知る、場に集う、宜しく伝える(sponsored)、旬と遊ぶ、語るを聞く、郷に入る、食を楽しむ)
  • このサイトについて(ホーム、灯台もと暮らしって?、つくっている人、「もとくらの深夜枠」って?、「note」の登録・購読方法、お問い合わせ、利用規約、個人情報保護方針、運営会社)
  • Area
  • Interest
  • Travel Tips
  • Booking
  • English(言語かえられる)
  • 検索
  • 地球儀で、場所がわかるもの
  • Europe
  • MiddleEast
  • Africa
  • Asia
  • North America
  • South America
サイトは何でできている? ワードプレス(haconiwaのテーマを作って使っている模様) HTMLとCSSで組んでいる模様 ワードプレスっぽい HTMLとCSSで組んでいる模様 ワードプレスにする(簡単だから)
トップベージにあるもの
  • 動く見出し(写真+文字)2づつ
  • キャンペーン(細長いかたち)
  • MAGAZINE(カード型10記事、題名のみ)
  • STUDY(カード型4記事)
  • WORKS(カード型4
  • 記事)
  • 夜のよみもの(夜8時から朝5時まで限定)2記事
  • 新着大1小4記事(カード型、題名+すこし文章)
  • ご存知ですか2記事)
  • くらしのきほん研究室(8カテゴリ、写真+手書き文字)
  • おしらせ
  • 今日のわたしは。(40カテゴリのひとことと、背景に写真)
  • くらしのきほんをフォローする(SNS)
  • 最新記事10記事(題名のみ、写真は正方形)
  • それぞれの街の特集(8つ)+コミュニティ運営と特集ページ
  • 下2枠は、動くようになっていて、他の街やLINE@などへの誘導
  • FBページとツイッターページ
  • 特集記事(写真+題名と場所,2×3)
  • Editor’s Pick(カード型3×2)
  • Find by Destinations(写真+文字、3×3、Moreをクリックすると、日本地図に移動)
  • Find by Interest(3*3、Moreでさらにカテゴリーへ)
  • Special Features(3*5)
  • New Articles(3*4)
  • 広告はいれない
  • 1地球儀
  • 2特集記事(細長く2*3)
  • 最新記事(場所別に2*3)
サイドバーにあるもの
  • 特集記事3つ(ペラ1の特集もしくはショッピングサイトBASEに移動)
  • 記事ランキング
  • ツイッターインスタ
  • カテゴリ(ボタン型)
  • 1月14日のおやすみなさい(今日の木とことてきなもの)
  • わたしのきほんからのピックアップ
  • カテゴリー(料理、お弁当、家事、買い物、読書、学び、園芸、連載、動画)
  • 他レシピサイト(広告かも?)
  • 他マガジン(郷里器具運営会社による、広告かも?)
  • 人気の記事(習慣・月間)6こ
サードバーなし
  • 特集記事
  • 星のリゾート(広告?)
  • 検索
  • Popular serch のタグ
  • Interest(Food, Shopping, Destination, Accomodation, Event, Four Seasons)
  • Top Articles 5記事
  • アンケート
  • 特集記事(PDF販売や雑誌販売へ移動させる、ぺらいち)
  • 記事ランキング6記事
  • ポピュラーサーチとよくさー記されるキーワード
  • カテゴリーのボタン
フッターメニュー
  • ABOUT
  • PRIVACY POLICY
  • CONTACT
  • COMPANY
  • SITEMAP
  • 右端:FOLLOW ME という言葉と、SNSアカウント
  • くらしのきほんとは?
  • ごあいさつ
  • 新着記事一覧
  • 意見を送る
  • 松浦弥太郎について
  • お問い合わせ
  • 利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 運営会社
Waseiだけ
  • MATCHA- JAPAN TRAVEL MAGAZINEとは?みたいなことが2/3使っていかいてある。
  • Official Account
  • APP(apple store)
  • Company Profile(About MATCHA, Partner Medis, Company Profile, Now Hiring)
  • Contact Us
  • About
  • Plivacypolicy
  • Contact
  • Company
その他気づいたこと(ホームページ)
  • 左上にある日付表示がかわいい
  • 全体が白でまとまっていて、シンプル
  • 広告がない(たぶん)
  • 背景は濃紺
  • 「くらひのきほん」というマークと一緒に名前が覚えやすい
  • 題名:教科書体?文章:ゴシック?と2つのフォントを使い分けている
  • 街のページに飛ぶと、アーカイブのように過去記事にアクセスできるようになっている
  • 文章は教科書体?だけど、街特集などのロゴ系はゴシック系。
  • 背景白くてスッキリ
  • しゃしんは「人→モノ→人」などバランスよく
  • 白背景
  • 言語によって、広告がかわる(日本語だと、星のリゾートのかわりにアドセンス)
  • 中国語だと、特集記事がある
  • やさしい日本語がある
  • 白背景
  • アーカイブがわかる固定ページがあるといいよね(カテゴリでそこにとべるとか)
  • 見出しと文章でフォントをかえる
  • トップページに広告をはらない
記事のレイアウト
  • 一番上にカテゴリー・タグ表示(手書き)
  • サイドバーがない
  • 写真に文字がはいっている。
  • 改行の線がイラスト
  • 最後に広告
  • リンクは文字としてはいっている
  • 上のカテゴリは消えない。
  • マークは上にのこっている
  • 写真にかぶせて題名・筆者・タグ
  • 文字サイズがえらべる
  • コメントをセレクトして、表示している
  • サイドバーなし
  • 写真は2・3程度(文字と同じ幅で)
  • 題名とテーマのこる
  • パンクズ
  • 題名
  • タグ
  • 写真全面(多めかも)
  • 書いた方のプロフィール
  • 関連記事(丸写真)4つ
  • ホームと同じ配列の街特集など。
ふつうのブログっぽい感じ
  • サイドバー無し
  • 写真はおおきく(写真内に題名入れる)
  • 文章と幅をそろえる(中心揃え)
  • アイコンとカテゴリバー(上)が消えないようにする
  • 最後にちょっと広告
URL http://www.haconiwa-mag.com/ https://kurashi-no-kihon.com/ http://motokurashi.com/ https://matcha-jp.com/en

2-2今後作成予定

ここまで、実際にどんなことが必要か?ということを洗い出せたので、これをそのまま形に落としてみます。そして、また進捗が進み次第、どんどん報告していたらなと思っているので、これからもよろしくお願いします!


Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!