イギリスのロイヤルバレエを見に、オペラハウスに行ってみた

このまえ、ロイヤルバレエ(The Royal Ballet)を見に、ロイヤルオペラハウスに行ってきました。

すごく素敵な演技と演出と建物で、素敵な時間がすごせました。なので、チケットの取り方、実際にどんな感じだったかなどのおな橋をしたいと思います。

Rey
本当に素敵で、圧倒されたので、イギリスに来る際はバレエを見ることを個人的にはすごくおすすめしたいです
以前、イギリスの有名なバレエ団を5つ紹介しました。なので、今度も他のバレエ団を見に行ったら、どんどんレポート?を出していきたいと思います!(もうチケットはとってある!)

 

1ロイヤルバレエとは?

以前も紹介したのですが、ロイヤルバレエとは、まさにロイヤルなバレエ団。しかし実は歴史はすごく古い訳ではないらしいのですが、世界的にもものすごく有名なバレエ団です。本当に素晴らしいダンサーさんたちが集まっています。

 

2チケットの取り方

まず、チケットをとるのは、「劇場=ロイヤルオペラハウス」のウェブサイトからです。バレエ団のウェブサイトではなく。なので、バレエ団のサイトをみて、みたい演目をどこでやっているか確認し、そこからリンクを飛んで、劇場のサイトでチケットを予約する必要があります。

Rey
もしくは逆で、ホテル等の近くにある劇場から、空いている日をえらんで、なにかバレエやオペラなどをみてもいいですね。

わたしのばあいは、ロンドンに住んでいるので、このロイヤルオペラハウスのサイトからチケットをとりました。ロイヤルバレエは、ロンドンではここを拠点にしています。野球のホームグラウンドみたいな感じなんだと思う。

チケットは、以下の工程ですすみます。

  1. 演目をえらんで
  2. 日程を選んで
  3. 席を選んで
  4. 決済方法を選んで
  5. チケットの送り方法を選んで
  6. 買う
途中に「募金しますか?」みたいな文章がところどころあわれていてきているので、それは任意ですので、ご自身できめてください。

チケットの送り方によってもお金もかわります。「郵送」「Eチケット(ケータイの画面をみせるだけ)」でお金がかわってきます。当日その場で受け取りということもできますが、早く行かないといけないことだけきをつけてください。

直前にレストランでする食事も予約することができます。見た限り、レストランの雰囲気はすごく良さそうでした。レストラン行くなら、ばっしりドレスにハイヒールの雰囲気でした。

 

3実際に行ってみる

実際にチケットをとって行ってきました。遅刻すると中に入れてくれないので、早めにいくことをすごくおすすめします。イギリスの交通は遅れることも多いし。いろんなところにいる係りの方にチケットをみせれば、席の場所を教えてくれます。

Rey
(はじめていったら、どこかどこかわからないような作りな気がしたので、早めにきくのがおすすめかも?)

 

3-1適切な服装は?

女の人はだいたいワンピース&ハーヒールとかをきているひとが多かったです。でも、なかには大きめのバックのひともいたり、足元はブーツだったりと、さまざま。ふつーにジーンズにTシャツ・リュックみたいな方もいました。でも、たぶん、席にもよると思います。上のほうだったらそれでいいけど、下のほうだったら、浮きそうかも?

おしゃれなワンピース+ハイヒールだと失敗しなさそうかな、という印象です。

ロンドンでは意外とおしゃれなひとを見る機会が少ない気がするので、おめかししている方をみるのも楽しいかも!キラキラしたワンピースきているおばあちゃんたちがいて、かわいかったです。

ちなみに、コート等はあずけられるクロークがあるので、ある程度おしゃれして行ったときは、預けるのがいいかもしれません◎

 

3-2. 中にあるバーやラウンジ

中は本当にすごく格好良くって、ラウンジ的なところがすごく格好いいです。大人の社交場って感じの雰囲気。バーテンダーさんまで格好いい。いろんなラウンジがあります。

いちばん王道なのが、Paul Hamlyn Hallというところで(たぶん)、めちゃくちゃかっこいい吹き抜けになっています。下の階はバー、中2階みたいなところはレストランになっています。以下写真です。

A post shared by ʀᴇʏ (@reyblueberry) on

客席に行くには、結構くねくねしてて迷子になってしまったりしたんですが、上の方にも、上の席向けのラウンジがあって、こっちは、ふつうの格好した人がふつうの(ちょっとだけおしゃれな)飲み物などを飲むスペースもあります。格好カジュアルめ。

Rey
大学生っぽい子では、自分でもってきたおやつをそのへんのソファで食べている子もいました。なんか、行き慣れているひとにはそうゆう楽しみ方もあるかもしれません。

休憩時間が30分くらいあるので、結構いろんなことができます。ふらふら散策してもいいかもです。なかはこんなかんじ。

A post shared by ʀᴇʏ (@reyblueberry) on

3-3 おみやげやさんもあるみたい

こんかいは、いけなかったですが、おみやげやさんもあるみたい。

Rey
バレエグッズとか絶対にかわいいに違いないですね!(独断と偏見)

以上、ロイヤルオペラバレエについてでした。

他のバレエ団について知りたい方はこちらから、イングリッシュ・ナショナル・バレエを見に行ったレポはこちらです。バレエについてもっと詳しく知りたいという方は本を読んだりするのもいいかもですね。イギリスにいけなくても、DVDとかもあるみたいです。

[amazonjs asin=”4418062521″ locale=”JP” title=”バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)”] [amazonjs asin=”B003BXCY0C” locale=”JP” title=”英国ロイヤル・バレエ団 眠れる森の美女(プロローグ付全3幕・ダウエル版) DVD”]

 

Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!

1 個のコメント