仮想通貨とはそもそも何?なにが今までと違うの?技術とこれから

近年話題になっている、ピットコインやイーサリアムなどをはじめとする、仮想通貨。名前はたくさん聞いたり、投資や投機目的に購入する方も多いの思うのですが、「そもそも仮想通貨ってなんだろう」と疑問に思ったので、自分で軽く勉強したことをシェアしたいと思います。

 

1仮想通貨とはなんだろう?

1-1 そもそも「通貨」ってなんだろう?

そもそも通貨自体が何かについて考えてみてみます。「通貨」ってお金のことだけど、もうすこし「通貨の役割や機能」について考えてみましょう。

以前マーケット感覚を身につけようっていう本を紹介した中で、マーケットとか市場っていうものがその物と物を交換する場所として紹介したと思うんです。すこし関係あるお話だと思うので、興味のある方はご一緒によんでみてください。ちきりんさんの『まーけっと感覚を身につけよう』を読んで、ビジネスモデルを考えてみる

 

「通貨」の機能* として考えられるのは、

  1. 価値の基準
  2. 価値の交換
  3. 価値の保存

という機能を果たしていると言われています。例えば価値の基準だったら、「何かこれが欲しいんだけど、どのくらいに値するのかわからない」とか「どのくらいで売るのが普通なんだろう」っていうものの数字として比べるためとして動いていますよね。

例えばロンドンの家賃は東京に比べて高いっていうのも、値段の差とかを比べることによって地下深い見えやすい形で比べることができます。

もう一つはお金そのものが必要と一緒ですけれども、「ものを交換する時に項、媒体として発生したもの」ですね。

最後に、貯金とか今持っている価値とかを保存とか別の形にして置いておくっていうことです。

これらが基本的に通貨の価値として認められているものだそうです。

*出典:「仮想通貨とフィンテック」

[amazonjs asin=”B072JC2G8J” locale=”JP” title=”仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ”]

 

1-2 中央政府にしかつくれなかった「通貨」をいろんな人がつくれるようになること

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

ビットコイン(Bitcoin)用語集|ビットフライヤー

上の定義をみてもわかるとおり、仮想通貨は今まで政府だけが作ってこれた通貨が誰にでも作れるようになったみたいなことが大きいことだと思うんですね。

中央政府が一元的に管理しなくては、「安全」出なかったものが、技術の進歩によって、「みんなでシェアしながら」でも、安全に使えるようになったのです。

Rey
つまり、「通貨」ってゆうものが国とかと、関係なくなってゆく、ってゆうのが大きなポイントかもしれない!
ちなみに、英語圏では、仮想通貨は、「Cryptocurrency」とよばれています。基本的に。すごくわかりやすい、「仮想通貨とは何か、どう動いているのか」のわかりやすい図解説明のウェブサイトがありましたので、こちらからのご確認ください。What is Cryptocurrency | Block Geeks

2仮想通貨に使われている技術は、以下の3つを読めばだいたいわかる!

「仮想通貨に使われている技術の話なんですけれども、 「どうしたら不正がされないようになるのか」とかどうしたらそれだけ信用ができるのか」とかについては、技術面では、(素人からすると)ちょっと複雑です。

ただ、要は、「改ざんできない単調性をもっている」ということです。

そこが特徴なんだと思う。そして、技術については、歴史的なながれもあったりしてとっても面白いです。上にも記載した書籍に詳しく書いてあるので、よんでください!それがいちばん理解が早いと思います。

「仮想通貨とフィンテック:世界を変える技術としくみ」

[amazonjs asin=”B072JC2G8J” locale=”JP” title=”仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ”]

もしくは、以下のPDFでも、わかりやすく解説してくれています。たぶん上の本を読んで、こっちで復習するくらいで、がっつり理解できるのではないかと思います。

仮想通貨の技術と課題 | NII TODAY. 69

もっと知りたいという方は、以下がSatoshi Nakamotoさんの論文です。思ったより短いし、書いてあることは、上の方々が解説してくれていることとほとんど同じだと思います。

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System, Satoshi NAKAMOTO | bitcoin

 

3これからはどうなるだろう?

いまは、なんだか盛り上がっている仮想通貨だけど、「これからどうなっていくのでしょう?」

もちろん、こんなことはだれにもわからないのだけど、「中央政府だけがつくれていた通貨」がいろんなひとにつくれるようになると、そもそも「通貨」の数が増えたり、時と場合によって、通貨を使い分けるようになるかもしれません。

信条など「この通貨をつくっているひとの、考え方が好き」などという理由で、人がつかっている通貨の種類がかわるかもしれないし、いろんな通貨が無限大にでてきて、お金という概念自体にあまり価値がなくなるかもしれません。(よくわかんないけど)

ただ、「現金でやりとりすることがなくなる」ってゆうのは、想像できるんじゃないでしょうか?

他にも、これから誰も知らないことがたくさん起こってゆくんだと思うし、ひとつひとつ丁寧に事象をおってゆけたらいいなって思います。


上にあげた書籍で、勉強してもいいし、シリコンバレー発の教育サービスのUdemyには、ビットコインのコースがありました。

Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!