このブログを書いているひとの、これまで読書遍歴のお話

これまで、さまざまな本を取り上げたり、本が好きということで、本に関する記事をいくつか書いています。だけど、本について書くなら、今までどんな本を読んできたのか、どんな読書のバックグランドを持っているのかも知りたくなりますよね。

そこで、わたしがこれまでどんな本をよみながら育ってきたのか、お話したいと思います。

Rey
できるだけ、せきららに、今まで好きだった本の話をしようとおもいます。

1小学生時代|読書遍歴まとめ

ファンタジーが好きだった、小学校中学年

[amazonjs asin=”400114588X” locale=”JP” title=”影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)”]
ナルニア国物語ゲド戦記・ハリーポッターなど、ファンタジーをよく読んでました。特にゲドの1巻は大好きで、何回も読み直しました。今でもゲドの話は覚えていて、事ある毎に読み返します。たぶん孤独に自分と戦っているのが、格好良いいと思ったのかと。文庫ではなく、単行本で読んでいました。
Rey
ナルニア国物語は、クリスマスプレゼントで1巻をもらったのが好きで、はまりました!映画はあんまり好きになれなかったかも。

友達に借りた、森絵都さんの作品にはまる小学校高学年

[amazonjs asin=”4043791038″ locale=”JP” title=”DIVE!!〈上〉 (角川文庫)”]
カラフルとかリズムとか。当時悩んでいたこととか、その時にぴったりあっていた本な気がします。みずみずしい感じ。だから、風に舞い上がるビニールシートとかは逆にしっくりこなくて、大学生になって読み返した時にようやくしっくりきました。森絵都さんの作品の中でもいちばん読み返したのは、ダイブの3巻、SSスペシャル99。要一がの我が道を行く感じがすごく格好よくて好きでした。
小学生のころは、多分時間もたくさんあったので、他にもいくつか文庫を読んでいたような気がします。「車輪の下」とか、「モモ」とか、読んでいた。授業中にも読んでいて、お道具箱に文庫を開いて入れておいて、先生が来たらそのままさっとしまえる、とゆうのをやっていたのを覚えています。懐かしいなあ。

小学校時代を通して読んでいた、少女漫画。

 [amazonjs asin=”B002DE67XA” locale=”JP” title=”DR.リンにきいてみて! コミック 全8巻完結セット (ちゃおフラワーコミックス) マーケットプレイス コミックセット”]
まんがはリボンちゃおを読んでいました。たまに、なかよしも。いちばん好きだったのは、「Dr.リンにきいてみて!」あらいきよこさんの漫画が好きでした。他にも「エンジェルリップ」も集めていました。ただ、ほとんどすべての漫画は受験の時に捨てちゃったので、後悔しています。
それと、漫画は読むだけじゃなくて、実は友達と一緒に交換漫画を描いていました。2ページずつ描いて、交換して、共同製作みたいな感じです。かなり続いて、3冊くらいまで描いていたと思う。今だったら、恥ずかしくて誰かと共同でとかできなさそうだし、とってもいい思い出!

雑誌は断然ニコラ。あとメロンも。

[amazonjs asin=”B076BJVR6C” locale=”JP” title=”nicola(ニコラ) 2017年 12 月号 雑誌”]

雑誌を読むのも好きで、かわいいものがあれば切り抜きしたりしていました。ニコラは岡本玲ちゃんがすごおく活躍してるときでした。雑誌は洋服のページだけじゃなくて、雑談みたいなページを読むのも好きなので、ニコラはそうゆうのが充実してて楽しかった記憶があります。

Rey
これって世代出そうですね。

2中学生時代|読書遍歴まとめ

あいかわらず、漫画も大好きだった中学生

[amazonjs asin=”4063414132″ locale=”JP” title=”先輩と彼女(1) (講談社コミックス別冊フレンド)”]
少女漫画は、王道どころからなんでも読んでました。悩殺ジャンキー、僕らがいた、君に届け、とかを覚えている。あと、先輩と彼女が大ヒットでした。最近映画化しましたね。見ていないけれど。貸し借りたくさんしてたので、誰かが持ってたらみんな読む、みたいなので色々読んでいたと思います。

中学生で新たに読み始めた、少年漫画たち

[amazonjs asin=”B00EH9AMGM” locale=”JP” title=”SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)”]
バスケ部にはいって、スラムダンクにハマりました。たぶん、漫画を一番たくさん呼んだ時期です。少年系は、シャーマンキング、ディアボーイズ、銀魂、ブリーチ、Dグレ、おおふり、FAIRY TAILとかとか。毎週ジャンプ読んでました。

 新選組関連の時代小説を片っ端から読んでいたころ

[amazonjs asin=”B0186SJ6SY” locale=”JP” title=”燃えよ剣 上・下巻セット (新潮文庫)”]

それで、銀魂にはまり、新撰組関連を読み漁ることになります。とりあえず新撰組に関わる事ならなんでも読んでいた。幕末ブームです。修学旅行に壬生寺行って、近藤勇の像と写真撮るくらい好きでした。恥ずかしいですね。

中学生でセブンティーンを読み始める。

[amazonjs asin=”B076KHXRQD” locale=”JP” title=”セブンティーン 2017年 12 月号 雑誌”]
セブンティーンをちょっと背伸びして読み始めたのがこの頃。最初は買うのも緊張するし、描いてあることが意味わかんなかった気がする。また、当時ジャニーズが好きだったので、たまに明星とかWinkUPとかも買ってました。

3高校生時代|読書遍歴まとめ

三国志を読みきった、高校生時代

[amazonjs asin=”4894569868″ locale=”JP” title=”文庫版三国志完結記念セット(全14巻)”]
あんまり覚えてないんだけど、北方三国志とか読んだのこの辺のはず。あいかわらず、時代小説とか読んでいたと思います。「宮本武蔵」とか。

 

 テスト期間になると、毎日読んでいたケータイ小説

[amazonjs asin=”4048860305″ locale=”JP” title=”恋空―切ナイ恋物語 スペシャル・バージョン〈上〉 (魔法のiらんど文庫)”]
それからテスト期間になると、ケータイ小説ずっと呼んでました。恋空とかそうゆうのです。魔法のiランドとか、野いちごとかのサイトをずっと循環してました。ランキング上の方のはほとんど呼んじゃって、なんか面白いのを探すのに苦労してた気が。いろいろ書籍化とか映画化もしましたよね。
Rey
高校生は多分他のことでいっぱいいっぱいで、他の時期に比べると、あんまり本読んでいなかったんじゃないかなあ。学級閉鎖になった時、これでもかってくらい、本を貪り読んで、すごく楽しかった記憶があるくらい。

 

綿矢りささんと中島義道さんの本が好きだったのは覚えている!

あ、でも綿矢りさ蹴りたい背中を読んで衝撃受けた記憶があります。
[amazonjs asin=”4309408419″ locale=”JP” title=”蹴りたい背中 (河出文庫)”] この冒頭のシーンは文章が美しいってこうゆうことなのか、って思うくらい、きれいな文です。そして、かゆい所に手が届くみたいに(表現が素敵じゃないけど)わたちたちの言葉を代弁してくれている!(って当時思っていました。)

あの繊細な感じは、高校生くらいじゃないと持っていない気がする。

しかし今、綿矢りささんの作品で一番すきなのは「ひらいて」です。
[amazonjs asin=”4101266514″ locale=”JP” title=”ひらいて (新潮文庫)”]

中島義道さんの本もたくさん読んでいました。たぶんわたしのネガティブポジティブな考え方はこの辺にルーツがあるような気がします。
[amazonjs asin=”4167753189″ locale=”JP” title=”孤独について―生きるのが困難な人々へ (文春文庫)”]

4大学生時代|読書遍歴まとめ

大学生の後半(3・4年)で本にとりつかれる

1・2年次はそうでもなかったのだけど、3・4年次で本に夢中になりました。最近の読書は全部ここの時の記憶が多くて、他がかすれて見える感じがします。

文字があればなんでも、って勢いで読みなくってました。書の楽しさに気づいたのもこの辺。遅いですね。昔わからなかった村上春樹とか、山田詠美とか、伊坂幸太郎とか、吉本ばななとか、太宰治とか、遅れてきた本ブームです。相変わらず、歴史物と時代ものに加えて、戦争ものもよく読みました。最初の頃は難しい本とかじゃなくて、小説をずっと読んでいました。毎日ブックオフのに通っていました。定番なものをたくさん読みました。

▼すごく好きで、旅行にも持ち歩いていることがよくあるくらい▼
[amazonjs asin=”B0047T7QXO” locale=”JP” title=”ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)”]

▼秀美くんみたいになりたい。とずっと思っていました。▼
[amazonjs asin=”4101036160″ locale=”JP” title=”ぼくは勉強ができない (新潮文庫)”]

▼ツグミみたいになりたい。小説の中の主人公って本当に魅力的ですよね▼
[amazonjs asin=”4122018838″ locale=”JP” title=”TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)”]

吉本ばななさんの作品は他にもたくさん好きなのがあります。

▼いつも期待を裏切らない面白さが本当にすごいと思います。なんだかクスッと笑っちゃう▼
[amazonjs asin=”4396332688″ locale=”JP” title=”陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)”]

▼戦争小説を読み始めるきっかけになった本。泥臭い戦争の一面を細かく切り取っています▼
[amazonjs asin=”410135281X” locale=”JP” title=”散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道 (新潮文庫)”]

▼落ち込んだ時はいつもこれ読んでいる▼
[amazonjs asin=”B009IXASIE” locale=”JP” title=”人間失格”]

村上春樹エッセイにみる、生活の豊かさとは

2017年9月29日

大学生のための戦争小説おすすめまとめ8選!

2016年12月18日

 

5大学卒業後|読書遍歴まとめ

大学卒業してからは、ちょっと学術ぽいのに興味がある

[amazonjs asin=”4000220500″ locale=”JP” title=”アイヒマン調書―イスラエル警察尋問録音記録”]

大学卒業してからのほうが、ちょっと学術的な本みたいなものを読むようになりました。大学終わるくらいからは、論文読むのにはまって、ヒトラーについての論文とか読んでました。分野によっては本で探すよりたくさん結果が出てくるのとかもあって、おもしろかったです。世の中にはいろんな研究をしている人がいるのですね。

Rey
学生でアクセス権があるなら、論文検索サイト「Cinii」でいろんな論文を読んでみるのをお勧めします!世の中にはいろいろなことを研究しているひとがいて本当に面白いです🙌!

おしゃれな雑誌も好き!これからもっと読みたいです

[amazonjs asin=”406389892X” locale=”JP” title=”TRANSIT(トランジット)特別編集号 美しきイスラームという場所2015 (講談社 Mook(J))”]
あとは少し雑誌ブームが(私の中で勝手に)おこりました。雑誌てこれまでそこまでみなかったのだけど、楽しかった。

今現在(2017年8月ごろ)

[amazonjs asin=”1846044839″ locale=”JP” title=”Without You, There Is No Us: My secret life teaching the sons of North Korea’s elite”]
なんだろ、まだ手当たり次第に読んでいます。つい最近は朝鮮ブームでした。朝鮮戦争とかその辺が気になって。今もまだ続いていますが、本を読むペースが遅くなった気がするので進みが遅いです。あとはビジネス系も読むようになりました!

ちょっとした、まとめ

他に書き落とした部分があるかもしれませんが、だいたいはこんな感じです。こうゆうふうに振り返ると、思っていた以上に自分はバカっぽいし、オタク気質なのかな、と思いました。残念ながら。あまり頭の良さそうな本は読んでないし。まあ、見栄を張らずに、楽しく読書生活を遅れたらいいなと思います。
Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏️よろしくお願いします🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!

2 件のコメント