イギリスの有名なクラシックバレエ団5選と、チケットの取り方

Rey
イギリスで、有名なのが、バレエ!

ロンドンにも、バレエやダンスの学校がたくさんあったりするし、素敵なオペラハウスで毎日のように公演をやっています。

イギリスにもバレエ団はたくさんあって、それぞれに特徴があります。同じ演目でも、全然雰囲気が違ったりして面白いので、たくさん見てみるのがおすすめです。

しかし、旅行や留学でこちらにきて、「さてバレエを見てみよう」と思っても、どんなバレエ団がどんな公演をしているかわからないことも。

この記事では、イギリスにある5つのバレエ団とその公演を見るためのチケットの取り方をまとめています。

有名なバレエ団5選

  • ロイヤルバレエ (The Royal Balllet)
  • バーミンガム・ロイヤル・バレエ(Birmingham Royal Ballet)
  • イングリッシュナショナルバレエ(English National Ballet)
  • ノーザン・バレエ(Northern Ballet)
  • スコティッシュ・バレエ(Scottish Ballet)

チケットのとりかた

チケットはだいたい、「バレエ団」ではなく「会場」のサイトでとります。
なので、特定のみたいバレエ団がある場合は、バレエ団のサイトで公演を確認して、そこからリンクで劇場やオペラハウスに飛び、チケットを購入します。

こちらは2018年1月26日現在の情報です。変わることもありますので、ご了承ください。

 

1ロイヤルバレエ (The Royal Ballet)

意外にも、設立は1931年とという、新しめのバレエ団。ロイヤルオペラハウスを拠点としていまさう。そして、ここのロイヤル・バレエ学校(Royal Ballet School) は本当に有名で、若い子たちにとっての最高レベルの学校だと間違えなく言えると思います。学校の紹介動画を見てみたけど、”イギリス感”もすごい。

日本との関係では、熊川哲也さんや吉田郁さんが踊っていました。

ロイヤル・バレエの、チケットのとりかた

1オンライン

ロイヤルバレエ団(ロイヤルオペラハウス)のサイトから、公演が確認できます。オンラインの指示に従って、購入できます。ここでは、3枚セットでやくすなったりするプランもあるので、購入したい分をまとめて購入することをおすすめします。

2ロイヤルオペラハウスの、おみやげやさんで買う

ロイヤルオペラハウスには、スーベニアッショップ(おみやげやさん)があるのだけれど、そこでも買えるようです。こちらの記事によると、月曜日から土曜日までの10時から19時半まで空いているよう。

 

補足:実際に行ってみた!

実際にロイヤルバレエにチケットをとり、行ってみた記事はこちらです。もう建物からなにからなにまで、すごかったです!圧倒された!(建物改修中だったけど)

でも、このロイヤル感にしては、意外とリーズナブルにチケットが手に入ったり、リーズナブルな方の軽食たべるところがあったりと、おすすめです。

Rey
いろいろ感動だっだし、1回じゃ足りないので、もう1回行くことを計画中!

 

2バーミンガム・ロイヤル・バレエ(Birmingham Royal Ballet)

上のロイヤルバレエの草分け的な存在が、このバーミンガム・ロイヤル・バレエ。その名の通り、バーミンガムに拠点を持っています。ちなみに、こちらも学校をもっていおり、Elmhurst School for Dance といいます。

バーミンガム・ロイヤル・バレエのチケットの取り方

  1. こちらのバーミンガム・ロイヤル・バレエのウェブサイトに飛んで、
  2. 演目をクリックします。(たとえば、The Sleeping Beauty とか)
  3. そしたら、スクロールしていくと、公演がでてくるので、BOOK NOW のところを押します。
  4. たいてい、公演が行われる劇場のサイトに飛ぶので、そこで予約をします。

 

3イングリッシュ・ナショナル・バレエ(English National Ballet)

最初に紹介した、ロイヤルバレエのライバル的な存在のバレエ団。こちらも、ロンドンを拠点としています。Markova Houseというところを拠点として練習しているのですが、ロンドン・コロセウム(London Coliseum)とかロイヤル・アルベート・ホール(Royal Albert Hall)で公演をしています。ロイヤルバレエと違って、いろんなところで楽しめそうですね。

なんと、このMarkova Houseでは、一般人向けのコースもあるみたい!受けてみたい!

個人的気には、こちらのほうが、独創的とか今風(?)のような演技のような気がしました。踊りに関しても、伝統的なバレエスタイルをいれつつも、ちょっと変わった踊り方をしている方もいらっしゃって、それがすごく格好よかったです。(独断と偏見)

ナショナル・バレエのチケットの取り方

  1. イングリッシュ・ナショナル・バレエのサイトに行き、
  2. 演目を選択し、BOOKするというのを選択すると
  3. 劇場のサイトに飛ぶので、案内に従って、予約。

補足:実際に行ってみた!

この前、毎年クリスマスシーズンにある、くるみ割り人形をみてきました!場所は、ロンドン・コロセウム。すごいすごい楽しくって、面白くって、素敵でした(語彙とぼしい)。わたしが見たときは、たまたま日本人の加瀬栞さんがプリンシパルをされていたんですが、本当に素敵で格好よかったです。

 

4 スコティッシュ・バレエ(Scottish Ballet)

その名の通り、スコットランドのバレエ団です。上の3つとあわせて、4大バレエ団みたいな扱い方をされています。(たぶん)

グラスゴーが拠点で、グラスゴー・ロイヤル・シアター(The Glasgow Theatre Royal) と Tramway Arts Centreがホームのようです。

Rey
他のバレエ団もそうだけど、ずっとグラスゴーにいるわけじゃなくて、かなりの頻度でツアーをやっています!なので、ツアーに合わせて見にいくのもおすすめ◎

スコティッシュ・バレエのチケットの取り方

  1. スコティッシュ・バレエのサイトに行き、
  2. 演目を選択し、BOOKするというのを選択すると
  3. 劇場のサイトに飛ぶので、案内に従って、予約。

 

5ノーザン・バレエ(Northern Ballet)

北の方にある、バレエ団。だから、Northern Ballet なのかな? こちらがもっている学校は、Northern Ballet Academy というそうです。

むかしは、Northern Ballet Theatre という名前でした。拠点地はリーズ(Leeds)。かこさまが留学されているところとしても今は有名ですね。

勝手な印象だけれど、伝統的な演目よりも、ちょっとミュージカルっぽい、独特のものが多めな気がします。まだ見に行ったことがないので、今度行くのがたのしみです!

ノーザン・バレエのチケットの取り方

  1. ノーザン・バレエのサイトに行き、
  2. 演目を選択し、BOOKするというのを選択すると
  3. 劇場のサイトに飛ぶので、案内に従って、予約。

まとめ

有名なバレエ団5選

  • ロイヤルバレエ (The Royal Balllet)
  • バーミンガム・ロイヤル・バレエ(Birmingham Royal Ballet)
  • イングリッシュナショナルバレエ(English National Ballet)
  • ノーザン・バレエ(Northern Ballet)
  • スコティッシュ・バレエ(Scottish Ballet)

そして、チケットはだいたいオンラインでとれます。チケットをとるときに気をつけたいのは、以下のこと。

  1. チケットをとるのは、バレエ団ではなく劇場のサイトがほとんど。
  2. 大抵寄付を募られるから、きちんと自分がいくら払っているのか確認すること。
  3. チケットの受け取り方法によって、値段がかわってきます。
  4. まとめて買うと、やすくなることもあるので、事前に確認を!

以上のことを注意しながら、バレエ鑑賞を存分に楽しんでいただけたらとおもいます。

Rey
読んでくれてありがとうございます。他の記事も、これからどんどんアップしていく予定です✏️ SNSフォローしてくれると嬉しいです🙌 @reyblueberry

いいねやシェアしてくださると、更新の励みになります!

2 件のコメント